一発目‼︎‼︎

掴めそうで掴めない…あと少しで届きそうだけど、心がへし折れそうになる。そう言う時がたくさんある。

描いていたイメージが訪れるかどうかは分からないが、同じようなシチュエーションを作り出すのは比較的簡単だ。

掴めそうな、届きそうな、あと少しの時に自分を甘やかさない。それができるかどうかは最終周に入った時の自分次第なのだ。

混沌の如く荒れ狂い、入り乱れた轍。それを形成する悪夢のような泥。目視すべきはその悪魔のような路面ではなく次のコーナーである。
今日、僕は久しぶりに僕はレースを楽しめた。

東海シクロ一発目はIRCカップでした。春にあったアレコレで機材は一新され、言い訳の出来ない機材に。それとは裏腹に僕のモチベーションは低空飛行。いや、離陸できてもいなかったのだと思う。激減するモチベーションに反して、激増する体重。機材以外は最悪で始まった今回。マッドコンディションだと分かっているコース、試走に入るのをためらうのは言うまでもない。DNSするか悩むレベルの僕は尚更、コースインが嫌になる。

支度をして、久しぶりにジャージを着る。自分とこのジャージ。お気に入りのジャージ。気合いいれてデザインしたジャージ。袖を通したら不思議とヤル気が湧いてきた。「とりあえず試走、いっとくか」

やっぱりコースはマッドだった。昨日までの雨はシクロクロス的に最高のコンディションを作り上げてくれたのだ。頭では”ありがとうございます”って思っていたはずなのに、口から出たのは”拷問かよ”だった。どこで変換されたのかわからないけど。僕はそう呟いた。

ひたすら淡々とペダルを回し続けるコースセット。回さないと止まる。止まればさらに辛くなる。そんなコースだ。僕の右手人差し指はひたすらチェーンをカセットの内側へとgivenallを操作する。「今回は見せ場ないかー」って思ったら、現れたのはでっかいキャンバー。今度は頭で思っていた言葉がそのまま口から出た。”ありがとうございます!”ってね。周りのライダーがおっかなびっくりで下るソコに、僕はバニホで飛び込む。フル加速でそのあとのハードパックを走る時には口元は緩んでいた。

キャンバーで上がったテンションは、その後の迷路のようなコースレイアウトで削られていく。その先に見えるのは階段の登り。手前には自動車学校のようなS字セクション。確実にコースセッターはドSで間違いないだろう。

階段を上がり再び始まる平坦迷路。今回のコースで一番路面コンディションが悪いのは、階段を登った後、ゴールまでの区間で間違いないだろう。階段を登りバイクを押して飛び乗るまでの数歩が、まるで地獄に向かうようで一歩一歩が重い。気合いと根性でゴールを目指す…
試走からしばらくして、招集が始まった。僕がエントリーしているのはC4。ボトムクラスである。人数から3クラスになっていたが、僕の振り分けられたのはC4Bだ。数分後にはC4Cがスタートする。時間差による混走である。久しぶりのレースで緊張のバロメーターは当然のように振り切れ、確実に頭打ちした。しくじるとC4Cの人たちに食われる。まるで濃霧の中、白鯨を討伐に向かう某主人公のような気分だ。サポートしてくれる鬼はいないが、地龍の如く頼れるバイクには跨っている。

スタート前、Ruedaのボスが「カズーはホールショットだろ?」的な事を言っていた気がするが、気のせいだろう。うん。きっと気のせいだ。気のせい。

聞き慣れたykoくんの声がスタート10秒前を告げる。30分間の拷問が始まる…

「10秒前…」聞き慣れたあの声がカウントをはじめる。

9.8.7.6.5.4.3.2.1…スタート

求められたら答えたい僕は迷わずホールショットを狙いに行く。スタートグリッドから15m程先にあるゲートを先頭で通過した。先頭ではあったものの、他の2人のライダーと横並びで通過したのを覚えている。そう、ホールショットは失敗したのだ。最初のコーナーを曲がる頃には三番手についていた。

でも、今日の僕はそこで諦めなかった。「貯金はできた。あとはなるべく食い潰されないようにポジションをキープする」最初のコーナーを曲がり終える頃には今回の課題が決まった。

今回C4は4周回と決まっていた。それを聞いた時、僕が絶望したのは言うまでもない。なぜなら3周回だと信じてやまなかったからだ。

淡々とペダルを回し続け位置をキープしていると見えてきた。僕の好きなセクション、キャンバーだ。手前の舗装路に入った瞬間、視界が明るくなったような気分になる。キャンバーに近づくと前の2人が急激に減速しているのが見える。思わず口元が緩みつつ手前の登り返しをフロント上げつつ曲がる。そして来たるフル加速に向けてチェーンを外側へと僕の右手人差し指はgivenallを操作する。試走と同じくキャンバーにバニホで飛び込む。予定通りのフル加速である。またしても貯金を作る事に成功した。

淡々とペダルを回し、ポジションキープに勤めていると見えてくるのがあの階段である。本来階段を登るとそこにあるのは天国であると映画や小説で記憶していたはずだか、待ち受けるのは地獄である。試走から約4時間経った地獄は、さらに磨きをかけて僕を待っていた。別カテゴリーのレースでこねくり回されたそこには、メレンゲのようなふわふわの泥が芝生と適度にMIXされライダーたちの体力と気力をむしり取る魔の領域へと進化していたのだ。しっかりとトラクションをかけているはずのタイヤが元気にその場で空転する。そんな、まさに地獄絵図の中僕は「雨のシャンペリーもこんな感じなのかな…」なんて事を考えていた。

ゴールラインに近づくにつれ、オーディエンスも増える。むしり取られる気力を回復する唯一のエリアだ。そして元気に二周目に突入する。

キャンバーまでに数人に抜かれつつも、何とか先頭を確認できるポジションをキープしていた。またしてもキャンバーにバニホで飛び込み、削られた貯金を少しでも取り戻そうと努力する。後方から現れたライダーに抜かれたものの、冷静に張り付いて階段前のS字に入る時にイン側突いて潰した。階段を上がる足取りが少し軽くなったのは言うまでもない。

三周目に突入し、依然として先頭を確認できるポジションをキープしていた。が、ホームストレートを走っている時に「水分不足になったよ」と全身が脳に告げる。きっと、以前の僕だったらここで諦めていたと思う。しかし、今日の僕は違った。身体からのお知らせに、心は”知るか、まだいける”と答えた。

3回目のキャンバーにも嬉々としてバニホで飛び込んだ僕は後方から見覚えのあるジャージが迫ってくるのを確認した。ブチョーコーヒーのコウタ君だ。あっさりと抜かれた。練習量を考えれば当然だ。だけど、今日の僕は何か憑いていたのかコウタ君に張り付き三周目を終えた。

最終周。ゴールラインを通過したとたん、前を走っていた彼はスーパーチャージャーを使ったかのような加速で僕を引きちぎっていった。いやスーパーチャージャーどころか、NOSを使っていたと言う表現の方が正しい気がする。売り切れつつある体力や気力に身体も心も悲鳴を上げはじめるが、僕にはスーパーチャージャーもNOSも搭載されていない。あるのはサブコンのみ。”まだまだいける!”と、身体や心に誤情報を送り込み止まりそうな脚を酷使し続ける。

キャンバーには最後までバニホで飛び込んだ。ここだけは毎回元気だ。淡々と逃げていると後方から最後の追い込みをかけたライダーたちが来る。当然逃げる。いつもなら諦めてしまう僕だが、今日は最後まで心は死ななかった。

最後の階段。直前で抜いてきたライダーに張り付きながら駆け上がり飛び乗る。前のライダーがもたつき、危うくクラッシュしそうになるのをすんでで堪えた。その代償として、右ふくらはぎが攣った。「ここで終わるのか…」と脳が感じたその瞬間、サブコンが仕事をする”太ももまでは動くからまだいける”と。とっさに御堂筋くんの映像が見えた気がしたけど気のせいだろう。二回程ふくらはぎを拳で叩き前走者に食らいつく。もたついたせいで後方のライダーに並ばれてしまった。3人が同時にコーナーに入るも、冷静にライン取りして2人を潰す。

もうこの辺りになると記憶も曖昧である。オーディエンスの前、最も地獄絵図極まりないその区間を上半身のプッシュと共に最後のアタックをかける。Ruedaボスと思しき声が聞こえた辺りで1人抜いた気がした。

最後のコーナー。右後方に張り付いていたライダーがいるのは気づいていたが、ライン取りで潰した…はずだった。最終周は今までの細い切り替えしではなく、コーナー後はゴールラインへと直結する事を忘れていたのだ。僕の一瞬の脚の緩みを後方ライダーは見逃さず前輪をねじ込んでくる。とっさにライン潰しつつもがくも、抑えきれずタイヤ1個分前に出られてのゴールになってしまった。

結果はなんとかシングルリザルトだったと思う。もちろん悔しいんだけど、こんなに必死にレースやれたのは初年度のワイルドネイチャーで箱に乗った時以来じゃないかな?そが本当に嬉しく気持ちよかった。

こうして今年度のシクロクロス開幕戦は終わったのだ。


同じカテゴリの同じクラスに、同じジャージ着てきいる同い年のヤツが居るってのはいいもんだ。

次は11月のワイルドネイチャープラザか…また砂の悪夢を体感しに行くんだろうな。

今年のシクロクロス一発目は良いスタートをになったんじゃないかな?

カテゴリー: イベント, レース感想文 | コメントをどうぞ

daydreamを終えて‼︎‼︎

はい。あっと言う間にdaydreamが終わって一週間が経ってしまいました。早いですね時の流れは。本当にあっちゅーまです。ついこの前、新春番組だの初日の出だの言ってたと思ってたのに、もう10月もすぐそこですよ。きっと人生もそんな感じなんでしょうね。

ま、いいや。とりあえずそこは置いといて。
daydream 2nd。皆様本当にありがとうございました!ここからは僕が勝手に思っている事を書いていこうと思います。めんどくせーなーって思う事とか出てくるのでそういうの嫌なら見なければいい。

まず、次回についてです。うん。ありがたい事に「次は?」って言葉を各方面からいただいております。が、多分もう無いと思います。「次は?」と言っている方の半分は、前回と今回の2回とも来てくれた方。本当にありがたい言葉だなーと思います。感謝感激雨霰です。ですが、2回とも来てもないのに「次は?」って言う方、ちょっと頭おかしいんじゃないかな。今回でわかったのは、「イベントやってよ!」的な発言してくる人の大半は来ません。言うだけ。こういう人たち、いつも一緒に乗ってる人でもいるしショップの人間だったりするし闇でしかない。ですが、逆に何も言わないけど前回と今回サクッと参加してくれる方や、「前回出れんかったから今回は絶対出たかった!」って来てくれた方。本当に感謝しまくってます。大阪や埼玉から来てくれたり、わざわざ仕事休んで来てくれた悪友もいたし感無量です。

“次回は多分もう無い”と言える理由の一つに参加者数の事もあります。前回は総勢40名。今回も同じく40名。そうなんすよ、人を増やせなかったんですね。今回は新たなイベント協賛頂いたり、あしっど☆ちゃんねるにBGMとしてDJしてもらったり、プロに映像お願いしたりと内容は少なくとも充実させられていたと思っています。ましてや当日の天気。殺人的なスーパー晴天でしたよね。それなのに、朝まで雨だった前回と同じ人数ってのは”完全に終わっている”と感じました。完全に僕の力不足ですね。これが大きな、そして一番の理由ですね。3桁の人数集める!みたいなのは、確実に捌けなくなるし、僕自身もキャパオーバーな感じがありますが、せめてもう10人増えて欲しかった。

それでも今回のコースは、我ながら本当に楽しいルートだったと思っています。登りスタート、登りきった先での二段落ち、縦横MIX、ジャンプ、ハイスピードを捻じ曲げるコーナー、ガレ場、3つのライン、オフキャン、そして疲れた後に待つ登りのモリコギ…よくもまーあの短いトコにそんだけ突っ込めたなーと思いますwうん。前日にタッチー、サイトーさん、ダイチさん、そしてスタッフじゃないのに手伝いに来てくれてた清水さんのおかげで、あのナイスなコースは完成しました。僕だけだったらバームからは前回と同じでしたね。

今回キッズが楽しそうに走ってるのは本当に嬉しい光景でした。基本的にス/ト/ラ/イ/ダ/ーの親子が苦手(言葉を選ばず言えば嫌い)で、まーその理由はいろいろあるんですが長くなるのでまた個人的にお会いした時にでも聞いてくださいwなのでキックバイク禁止にしてたんですが、今回のキッズ3人はちゃんと自転車に乗れる子たち。しかもみんな上手い。3人それぞれお父さんが乗れる人だから、ルールもマナーも守ってくれてたし、笑顔で乗ってるのが凄く嬉しかったですね。高校生とかになって、まだ自転車好きでいてくれた時に「昔さーカズーくんのイベントあったよね。楽しかった。」なんて会話を3人が話してたら素敵だし最高ですね。そしたら僕は自転車辞めてもいいくらい(やめないけど)。

僕は自転車好きだし、自転車をきっかけにいろんな人に出会えたし、本当に助けられたんですよ。前回のイベント後のブログにかいたかな?いじめられてて、本当に自殺とか考えてた時に自転車に出会って死なずに済んだって過去があるので、僕から自転車は奪えないんですよ。なんですが、ちょっと最近は深いとこまで来すぎた感は否めないですね。正直なところ、クリフォードやスクールクロスの手伝いをさせてもらってイベントやるにあたって必要な事は沢山学びましたが、知らなくて良い事や知らない方が良かった事を知りすぎた気がしてます。業界というか、東海エリアの囲い込み感に嫌気が差してきてしまってる感じですね。まぁそう言うのも、TKCproductions、LibidoBikeCo.からサポート頂けるってなった時点で当然覚悟してたんですが、完全に別角度からの延髄蹴りを食らったキヴンです。あ、サポートを辞退はしません、これからもよろしくお願いします。サポートライダーとしては本当に楽しく、ライドへのモチベーションにも繋がっています。ありがとうございます。

まーネガティヴな事ばっか言ってても仕方ないんでねw今回は、前回以降で知り合った友達や初めてお会いするライダーも参加してくへてて感謝でいっぱいでした。ノーブレフルリジットトラ車は本当にシビれた。「脳が震えるっ!」ってね。

来なかった人(来る気のなかった来る来る詐欺の人)は後悔したらいい。疎遠になっていくでしょうな。僕個人の中で”そういう人”と言うカテゴライズが完成されましたからね。もう気にもしてないけどね。そんな人よりも、来てくれた方、遠方すぎて来れないけど協賛くださった方、そしてスタッフのみんなに最大限の感謝とリスペクトを。本当にありがとうございました!

また近いうちに本編動画が完成すると思いますので(NAUさん引き続きよろしくお願いします。)そちらも楽しみにしていて下さいね!!

とりあえず自転車乗りたいキヴンですワタクシ。ダージャンか山。daydreamで久しぶりに、事故以来初?のでっかいの飛んだら、忘れかけてたFLOW感を思い出してしまいましたよ…「あぁ…これだよ…俺はこの感覚がたまらなく好きだったんだ…」ってね。気の合う仲間とトレイン組むのも本当に楽しい。やっぱりマウンテンバイク”は”最高ですね。

9/25のIRCカップはエントリーしてますが出るか怪しいです。シクロへのモチベはゼロです。

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

daydream 2nd!!!!

はい。おはこんばんにちは。

お盆が終わりあれよあれよと言う間に一瞬でdaydream当日になってしまいました。

僕がこういうことする理由とか思いとかは、前回の時のレポートに思いを綴っているのでこちらから御覧ください。

 

当日は一瞬でした。ま、厳密には「一瞬に感じた」というのが正しいですね。そのくらい終始テンション高くやっていけたと思っております。

img_3099

朝の空は本当に綺麗でこの時の車内音楽が「前前前世」だったために、この日のテンションの底上げが完璧でした。えぇ、ちょうど一週間前に「君の名は。」見てきました。彼女と。

前回は前日夜からの雨で心が蝕まれていたために行きから過呼吸になるかと思いましたが、それとは打って変わって「”大勝利”を確信せずにはいられない」そんなキヴンでした。

 

会場に到着し準備を始めます。前日準備でコーステープは張っていたので、路面整備と音響のセットを。

image

そうです。今回からは音響が本気になります。ほととのトゥデイから音を出します。

img_3161

そして音はあしっど☆ちゃんねるにお願いしました!

前日にDIG仕切れなかった場所をスタッフの職人たちが整備します

IMG_3162.JPG今回はボディケア&バイクメンテナンスのブースも出してもらえました!前回よりこの時点でパワーアップできたのかな?とは思います。

IMG_3163.JPG

試走の時間を終え、ライダーズミーティングの時に集合写真を。この後に遅れてきたライダーや見に来てくれたライダーが何人かいました!今回も総勢約40名。ありがたい限りですね。本当に。

IMG_3164.JPG

親子で参加してくれるライダーや

IMG_3165.JPG英才教育に励む家族や

IMG_3166.JPG

ノーブレトライアラーが現れたり

IMG_3167.JPG

転んでも笑顔だったり

IMG_3168.JPG

年齢や世代なんて関係なくなったり

IMG_3169.JPG身体のメンテしてもらったり。

IMG_3170.JPG憧れのライダーの本気を見たり。

 

タイム計測の後は、協賛でいただいたアイテム山分けじゃんけん大会しました。

IMG_3171.JPG

ヘッドキャップ戦争

IMG_3172.JPG

UNIOR戦争

img_3173LibidoBikeCo.ベルト戦争

IMG_3174.JPG

九州とカナダお土産戦争も!

<

img_3175img_3176

今回は子供が三人(一人は怖くてDNSしちゃったけど)が嬉しかったですね。三人ともちゃんと乗れるし、大人より元気だったし、おっさんも頑張らねば。

このみんなが持ってくれてるDAYDREAMのポップはinkmonkeyjapことユーダイが当日現場で書いてくれてました!!本当THX!!!!

29316499540_2319bef87f_o-2.jpg

そんな彼も僕のROAMを借りていきなり飛びますw

28980714233_f375c8cb0b_o.jpg

29570158826_bf5a4c9d3f_o.jpg

空飛ぶシクロはスタッフのけっつぁん

29315426280_2bac98e5a0_o.jpg

さしぶりのダージャンでキレのないヴォク

29494464642_ab2fd1f9a7_o.jpg

ワンハンド繰り出してくるスタッフのサイトーさん29495339432_d2ef24d825_o.jpg

マツモトさんジャンプめっちゃうまい

29312917970_0df10d236d_o.jpg

あしっど☆ちゃんねるのカワクボさんには四六時中音楽で助けられました☺️

予定の3時までみんな元気に乗ってましたw

29313995010_8f9271e741_o.jpg

たくさんのスタッフ、協賛いただいた皆さん、そして参加してくれた多くのライダーのおかげで今回も成功することができました!!

オフィシャルカメラマン二人の写真もオンラインになってます!

KIKUZO PHOTO

DSK24

そしてNAU氏によるオフィシャルアフタームービーのトレイラーのローンチされていますよ!

本ちゃんが楽しみですね!!!

special thanks
LibidoBikeCo.
takebow-tune bike works
Layout.inc
○痛bikes
あしっど☆ちゃんねる
村上商事
dsk24
kikuzo photo
inkmonkeyjap
FumaStyleSystems
ひかる整体
飛べない豚

また次回やれる日がくる日が来ること祈りましょう!!!
皆さん本当にありがとうございました!!!

カテゴリー: イベント, 動画 | コメントをどうぞ

セカンドインパクト‼︎‼︎

はい。お盆はそこそこ乗ってました。


まず、お盆入る直前にお世話になっているTKCproductionsのテイスケさんのところにご挨拶に。

なかなか伺えず”行かねば行かねば”って感じでしたが、今年の夏でTKCproductionsよりサポート頂いて三年目になるので行っとこ!と。

TKCproductionsをあとにして初IKEAに。


不必要な安さですが、欲しい物が多いかと言われるとそうでもないですねw
theお盆な13.14はふじてんに。


治安悪い


ヤマゾーさんのご好意でROAMが10sになりました🤗ありがとうございます!


10sSAINTです。ちゃんと変速できる!w


トーマスさんの魂抜けたり


夜会したり

​​​​ 2日目はfuckin’BOTAMOCHIが来て更に治安悪くなったりw

ルイの後ろは本当に走りやすい。同じよーなとこ走るし凄い楽wタベッチの後ろと同じ感じだわー!


さわやかしたり


祝杯あげてみたり


沼津に行ったりしてましたw
盆明け1発目の日曜の20日も…


ふじてんにw


途中でtkzwをひろって


4本目でまた内部破壊…セカンドインパクト…ケージングまた千切れたし…

今度はウィップとかじゃなくてバーム鬼攻めしてやりました😇

本当勘弁してくれ…今度は空気圧ちょっと上げて試してみよう…だめならDHタイヤ使うしかないわ…

このミニオンSS、二ヶ月くらいしか使ってないよ…(´・ω・`)


終始、曇りと小雨の1日でしたが、帰りには富士山みえました🤗
と、少しづつ身体も回復してるぽいです。乗れる日増えてきましたしね。
daydreamまで1ヶ月きってます。各種準備に追われる日々が始まりますなー。

カテゴリー: タイヤ, ライド, 動画 | コメントをどうぞ

デスレーザー‼︎‼︎

もう完全に厨二病なんだという事は自負しておりますw

その昔、メダロットというロボットバトルRPGが凄い好きで関連アイテムにめちゃ課金してたんですね。

頭、右腕、左腕、脚部と4つのパーツで構成されたロボットを自分で作って戦わせていくゲームだったんですが、そのロボットのデザインや配色とかも好きで今見てもテンション上がるんですよ。

そんな初代メダロットのラスボスに”ビーストマスター”ってのがいました。


こいつですね。メダロットの各パーツはストーリーを進めていく中で、バトルして勝ったら相手からもらえたり、街のコンビニ等で入手できるんですが、このビーストマスターのパーツは主人公の街(始めて最初の街)のコンビニで買えるんですよwま、値段がとんでも無くて実際買うのは不可能なんですが。

そんなビーストマスターが一作目のラスボスでした。

そして2作目。前作のビーストマスターの後継機として出てきたのが”ゴッドエンペラー”でした。

こんな感じのやつですね。作品的にも2作目のやり込みが凄かったカズー少年。ラスボスのこいつを何度倒したか覚えてないくらいですわw

で、今回はどうした?!は?!ってなりそうなんですが、続けますねw

メダロットはロボットを構成する各パーツに名前が付いているんです。


先のビーストマスターだとこんな感じで”デス◯◯”みたいな感じです。察してきました?

後継機のゴッドエンペラーも”デス◯◯”って感じで名前ついているんですね。


“”デスレーザー“”

どうやら、カズー少年はそのままアラサーに突入したようでマイカーにも”デスレーザー”つけました😇


分かりやすく言えば、LEDバーライトなんですけど、デスレーザーです(´౿`)ただの作業灯です(´౿`)

約80cmのこちらのデスレーザー何が”デス”なのかと言いますと…


殺人的に明るいんですw相当奥の電柱まで届いているのが反射材でお分かり頂けるかと…ちなみにこれ、デミオの目は何1つ光ってない状態です(´౿`)

仮付け的にかなりチープなアングル固定だったのですが昨日ブラケットがとどきましたのでちゃんと付けました

レールにクランプしました。キャリアよりもちょっと引っ込んでいい感じです(´౿`)

デスレーザー つよい。


デスレーザーは夜間の撮影にも便利です🤓

そんなワタクシですがGONZOにリハビリに。

イケイケヤングボーイのコウタロスに呼びだされまして…おっさんは嬉しくなって行ってしまった次第です(´౿`)

感覚忘れてますね。おもっきり。全く面に合わせられてないですし、肩の動きがかなり硬い感じしますね。リハビリの道は長いですわ。

でもやっぱり乗れるのは嬉しいし楽しい。乗れるようになってきてるだけマシですね。


ゴンゾー行く途中、伊勢湾での空が最高すぎた…

カテゴリー: ライド, | コメントをどうぞ

リム交換‼︎‼︎

タイトル通りですw

今まで使ってたのはTanatosに乗る事になる数年前、まだmaliceに乗っていた頃に特価でかったリムでした!

リム自体は凄い強いのですが、ニップルホールにアイレットが無く、酷使していくうちにニップルホールが火山の火口の如く盛り上がってきたのです。

ま、そんな現象はストリートやパーク、ダージャンやってたら良くある事なので仕方のない事。次も同じリムを頼みました。


元々ポリッシュした素地にクリアレッドを吹いたような仕上げだったこのリム。足付きの弱さを良いことにTanatos用で組む時に赤を削ぎ落としました。写真はTanatosを組んで半年くらい後のスクールクロスの時。この時既に火山の火口はかなりテンション上がってましたw

ちょうどこの頃に「多分日本に在庫ねぇし、入ってくるの遅いやつだから早めに注文しないとヤバい…」って事でTanatos用にホイール組む時に、スポークでお世話になったスーパーサイクルにお願いしました。あ、スーパーサイクル、僕の家から一番近いスポークカッター持ってるお店なんです。

そんなスーパーサイクルの元気さんから連絡来たのが先週中頃。「ついに来たよ!」と。お店に行き、2人で「ながかったねー」「長かったすねー」と。7ヶ月くらい待ったからねw昔の僕なら待てなかった期間だなこれ。

数々酷いポテチを製造してきた僕ですが、いろいろ無茶するようになってから一番良いと思ったのがこのリムなんですよ。


spank tweettweet。ウォールto180の練習で散々マイナス値の横落ちしてもポテチしなかった優等生。ホイールが「ばいんっ!」て歪んでもポテチしない。ほんとに優秀。

そんなリムをどうせならTanatosのカラーテーマに沿った色にしようって事でエロ紫をチョイス。前回のtweettweetから月日が経ち、EVOになってました。EVOが何なのかはよく分からんけど、進化したぜ!のEVOだと思いますw

着色が貧弱な足付きの塗りから、綺麗なアルマイトになりました。下地もヘアライン仕上げで表面のカラーはセミマットくらいの仕上げになってます。コレが一番ヤラシイ。ほんで後から気付きましたが、チューブレスレディ対応になってました。TanatosでTLは妄想広がる…

で、このエロ紫リムを移植しようとしたら、前途したように旧リムが火山の火口になっていた為に、ニップル増し締めまくっていたんですね。あと、ポテチ未遂みたいなフレを抑える為に増し増ししてたんすよ。そったらまーニップルが固まってしまって、次々にニップル回し掛けるとこが砕けていったのです…増し増し締めなのでニップルのケツとスポークがツラになっているためマイナスで回す作戦も不可…

 またしてもスポークカッターのあるアソコに。


お店で組ませて頂いて無事完成。エロ紫リム、本当エロい事になってしまった(´౿`)

この後、元気さんやスタッフさん、お客さんと試乗会しました!そして絶賛の嵐!!ありがとうございます!!

Tanatosは乗ったら分かるすんごいヤツなんですよ!フィールドで見かけたら是非乗ってみてくださいね!

最後の写真で分かったのですが、デミオに付けた”デスレーザー”が夜間撮影で良い仕事します。
そんな”デスレーザー”についてはまた今度で!

カテゴリー: ホイール | コメントをどうぞ

ふじてんリハビリ‼︎‼︎

先日行ってきましたふじてんリハビリ!

GWに初MTBしてどハマりした友人ライダーがROAMを買ったのでシェイクダウン兼ねてライドへ!


自転車乗りの朝は早い…はずでした…30分出遅れるミスw

下見で行く予定でしたが、とりあえず友人ライダーをピックアップするまではハイウェイアタック!


ずどーん。ROAM2台はすごいです!

ピックアップ後は下見でゆるりとふじてんを目指します。


ふじてんにはもう友人ライダーが集結済み。


ありがとうございますありがとうございますありがとうございます!


恐ろしく天気が良くて路面もバッチリ。ナイスリハビリ日和でした!


リハビリの進捗具合です。使っているのはもちろんrippleとLay out inc.共同制作のオリジナルgoproマウントとハウジングです!


初めて前走者を撮影してみましたがなかなか良い感じです(´౿`)

前で疾走してるのは完全にスイッチの入るヤマゾーさんですw

撮影時はバイザー全開上げしないとだめだなー(。´・ω・) 
そんなgopro3.3+用のマウントとハウジングセットですがフレキシブル生産可能ですのでいつでもオーダーお受けできますよ!セットで3000円+送料です!

またsession用のマウントのみもラインナップしてますよ!こちらは2000円です!

ご連絡くださいー!
そしてそして、今年もてーしゃつ作ります!

ラグラン以外は綿ぽい触り心地のドライTです!値段を決めかねているのでこちらはもう少しお待ちくださいね!

カテゴリー: 装備 | コメントをどうぞ