如意棒構想。

ども。暇人です。

とあるきっかけからRSのreverbをお安く譲ってもらえる話が舞い込んで来まして、フルサスにもやっぱドロッパーいるよなぁって思っていた矢先でしたのでアレコレ妄想構想してる訳でございます。

現状29erにはドロッパー入れてまして、やっぱ便利だし里山行く機会(根本的に自転車に乗る機会い)が増えたので、その役割のありがたさを痛感している訳なんですね。

で、ボクはメーカーミッスクを出来るだけ避けたい人なんですね。前後サスのメーカー合わせたり、コンポはメーカー合わせたり。だからドロッパーは出来ればサスかコンポに合わせたいというのが信念なんです。故に29erは見た目以外に良いところが分からない倒立フォークに合わせドロッパーもX-fusionにしたんですw

正直ほとんど何使っても同じだし安けりゃいいかなぁという気持ちが無くはないですが、まぁ、精神衛生上耐えられない日がいつかきそうで。

その昔、crakbrothersのJoplinを使ってましたが、ドロッパー創世記のモデルだけあってホントアレコレ不具合多かったですね…それに比べてたら今手持ちのX-fusionのはめちゃくちゃ良く出来てますわ。ただ、国内正規で買う気には1ミリたりともならないけれども。

で、今回話が回ってきたreverbですが、ドロッパー創世記の頃から存在するモデルなんです。確か。ただ高いのよ。本当に。しかも無駄にオイルラインを使ってコントロールしてんの。ブレーキと同じ。ホント駄目。過去に根こそぎSRAMグループに魂売った過去があり、AVIDには泣かされたりもしたしアレコレほかの理由もあって油物は出来るだけSRAMグループにしたくないんですが(とは言うものの前後サスはRSですがw)、シマノから良さげなドロッパーが出るとは思えないしここで別ブランドのドロッパー入れるのも上記の通りナッシングな訳で…まぁ、いわば渡りに船状態なんです。それでも、オイルでのコントロール嫌だなぁ…トラブルめっちゃ聞くしなぁなんて思っていたら普通にありましたわ。紐引き変換キット。

痒いところに手が届きがちなyuris でやっているbike yorkから出てました。ここのドロッパー自体めちゃくちゃ評判良いですし、何よりレバーの”アーキタイプ”的な造形めっちゃ好き。ラヴ。レバー自体は2タイプでワイヤーのタイコがレバー側かドロッパー側かの2種のみで、別途クランプによりハンドルへのマウントを変更できる仕様。とてもいい。レバーが変わってもクランプのみで別形式のブレーキレバー共締め系に対応できる。好き。優勝。そもそも独立クランプの設定もあるのだけれどもね。それが1番安いし。

一応、狼さん でもラインナップあるみたい。変換小物のスマートさはこっちに軍備だけど、公式でもbike yorkのやつのが素晴らしい(でも高いけどな)って書いてあるね。あと、レバーにベアリング入ってるからスムーズらしいけど、今までドロッパーのレバーの動きに困った事ないんだよね。ごめんね。それと、bike yorkのレバーのが5億倍好みなのと、狼さんは固定方法でレバーが全部違うんだよね…現状SAINTのレバー使ってるから、おそらくi specBになると思うんだけど、この規格が既に過去の物になってるでしょ?恐らくないとは思うけど、次期SAINTのレバーがi spec2対応になってみなさいな。追加で8kちょいロスする。ホントに値段が高いのはどっちかな…

一応、bike yorkの変換キット、レバー、クランプの3点で17kちょっと。まぁ安くはないよね。それに対して狼さんで、同じようにハンドルに独立でクランプするモデルが15k弱。2.5kくらいの差なら迷わずbike yorkかなぁ。

それにこんな動画も公式がオンラインにしてるんですよね。

エアが発生?してエア噛みしてカチっと固定できないトラブルが起こりがちなreverbですが、そのインナー側のアフターパーツなのかな?とにかくreverbと思しきアウター側に同社の製品よろしくエア抜きのポートが付いてるインナー側のロッドなんですよね。まぁ値段は高いだろうし、それなら最初からbike yorkのドロッパーにしよ?な?みたいな気持ちにならなくはないけど、サードパーティ製の製品で武装されたアイテムって男の子みんな好きじゃない?好きだよね?ボクは好き。

まぁ、そんなこんなでreverbを引き取って、bike yorkで拡張して使おうかなぁという、骨折して自転車乗れないフラストレーションが物欲に変換されている物欲超特急でした。本当にやること(やれる事)がない。

ripple について

自転車大好き野郎
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

如意棒構想。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 如意棒のその後。 | RIPPLE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中