武装‼︎‼︎

自転車には少しづつ乗れるようになってはきてるものの、やっぱり以前の様にはいかない日々です…
さて、今の自転車活動で欠かせないのが移動手段のマイカー。

このブログでも未だにヒッチの検索がめっちゃある訳ですがその続編?になる訳です。


結論から言いますと、ルーフキャリアを装備しました。

ビジュアル的にも実用性でも以前から考えておりましたスタイルを導入でございます。
で、上の写真でも分かるようにYAKIMAのroadwarriorをチョイス。ヒッチキャリアもYAKIMAなのでルーフキャリアもYAKIMAになるのは当然な流れでございます。もちろんベースキャリア一式も。


で、車種別でオーダーするシステムだったので”現行デミオ”で発注。そんで届いたのがこのベースキット。バーが写ってませんが丸棒タイプのものをチョイス。ちょっとゆくゆくやりたい作戦があったので丸棒なのはマストでした。こちらの作戦については最後の方で書きますね。

届いてびっくり。当然ドアのところで挟み込んで使うベースキットが届いているもんだと思っていたら直付けタイプが届いてました。軽くパニックですw返品とか面倒だなーって。

お店に電話で問い合わせると「適合表だと間違いないんですが…もし必要であれば返品も可能ですよ。」との事。

でも直付けタイプ、かっこいいんですよ。なので、どうにかして付けられないかめっちゃ調べました。とりあえず「ルーフに穴ブチ開けてボルト留めしてやればいいかー」って思いつつ調べてました。

するとですね、ネットの広大な海にはいろんな情報が転がっておりまして、こんなんを海外サイトで見つけましてね…


直付けしとるがな!つーことは、お店側は間違ってないんですね。

調べるとこの直付けシステムを”フィックス(ド)ポイント”って呼ぶそうで、さらにリサーチを進めました。

これがフィックスポイントなんです。拾い画像ですが。

ま、お気づきかと思いますが、僕のデミオにはこのフィックスポイントがないんですね。別の車では過去に見た事ありましたがデミオには無いです。

リサーチを進めると、どうやら輸出用にはこのフィックスポイントが付いているみたいで、国内向けにはフィックスポイント無しで販売されているとの事でした。

が、負けないw

ネットの海で””フィックスポイントブラケット””なる純正部品がある事を知りましたw


二箇所穴開けてこのブラケットを取り付けて、真ん中のメスでキャリアを固定するアイテム。このブラケットとコレ用のナットが純正部品であります。

それが分かれば話は超絶早い。

お世話になってるDHライダーの車屋さんに発注。

調べを進めると、一個前の型のデミオで同じ事してる方がいました。その方のブログによると、フィックスポイント用の穴が半分開いているとの事。は?と、思いますよねwそりゃそうだ。プレスを二枚重ねてる部分に取り付けるんですが、その一枚のプレスには既に穴開いているのです。


拾い画像ですがこんな感じでもう取り付け位置が決まっていますw

そうと分かればチョチョイノチョイ。


天井剥がしまーす(•̀ᴗ•́)و ̑̑


で、やっぱり現行でも同じよーになってました。「ここ掘れワンワン」ってなwドリリリングしてやりゃオッケーの簡単作業だぜっ!ただ、写真でも分かるように現行だとこの取り付け穴付近にサイドカーテンエアバック関連のアレコレが配備されているので割と神経すり減らしながらの作業ですw


ま、そんな事でウジウジしてても進まないのでサクッと作業&取り付け。本当作業自体はめちゃ簡単。天井剥がす方がよっぽど大変w


で、コーキングしないとダメかなー?と思ってましたが、ブラケットにブチルのシールが付いてたので何もせずそのままセット。

ブラケットは向きあるのでそれだけ気をつければ本当に簡単な作業。それを4箇所こなすだけ。ブラケットを取り付けたら剥がした天井を元に戻します。

ナット締めるにも、サイドカーテンエアバックの妨害でラチェット使えないのでメガネで。

天井戻しのついでに、ブラケットと同時に頼んでいたサングラス格納できるオーバーヘッドコンソールを取り付け。以前からこれやりたかったんですよね。CX-5やCX-3の標準装備流用です。(今だとデミオのオプション扱いだとかなんとか?) 

これ、今までのオーバーヘッドコンソールよりも大きいので天井を切ってポン付けするだけなんですが、「どこまで切るか」の型紙と固定用のネジ2本がセットになった”取り付けキット”が10kくらいするのでもちろん頼まずに勘で切りました。マップランプの球や内側に着いているナビ&ハンズフリー用のマイクは共通なので付け替えてポン付けして完了。

で、キャリアに戻ります。ルーフモールにフィックスポイント用の穴が無いので適当に穴開けてやります。


で、ベースキットの取り付け。ボルト一本づつでの固定ですが左右をバーで繋ぐのでしっかりしますね。しっかりしてないと困るんですがwそんで最後にキャリア載せて完了。キャリア掴んで揺らしても車体が揺れるくらいしっかりしてますね。YAKIMAで良かった!


取り付けた後に行った”関東ATK!!”でカワクボガハラさんに撮ってもろたやつ。よく分からんけどフィアデルフィアぽい。


さらにその関東ATK!!でほととに撮ってもらったやつ。カッコよすぎかw彼曰く「スタンドは盛れるっ!」そうです。はい。

と、こんな感じでルーフキャリア装備しました。連チャンの遠征でも荷物厳選しなくて済むし実用性高いですね。あと見た目、最高か。本当に。

関東ATK!する際に、このキャリアにドリフト三輪載せて行こうかと思いましたが、長さが足りず断念。オプションのエクステンション入れるか、もう1つでかいメガウォーリアーなら載せられたんでしょうね。エクステンションにしろメガウォーリアーにしろデミオに乗せると完全に屋根より長くなるのでやりませんがw

で、前半で言っていた丸棒だからできる作戦ですが、コレです。

海外でやってる人ががいてアメイジング過ぎて惚れました。

コレやれば今より5cmほどキャリアをドロップ出来ますので、屋根とキャリアの隙間を狭められますよね。一枚目の写真でも分かるように屋根ギリギリまで詰められますもん。絶対こっのがかっこいいし一体感でます。

ゆくゆくはコレやりたいですな。


こんな感じでLEDバーも装備したいし、あんまり隙間詰め過ぎるのも駄目なんすよね…悩ましい!!
と、言う訳で無事ルーフキャリア装備完了。ますます盆のふじてん2days楽しみっすわ!!!!

広告

ripple について

自転車大好き野郎
カテゴリー: , 作業 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中