お疲れ様でした‼︎‼︎

ripple daydream無事開催する事が出来ました!

参加された皆さんのご協力、スタッフのみんなの協力、そして協賛くださった皆様のおかげです!

ありがとうございました!!
ここからは少し長くなるのですが、今回込めた思いとかその辺を含めつらつらと書いて行こうと思います。
僕の住むこのエリアには自転車始めたころからいろんなイベントがありました。

100%love cup、竹の見える丘から、ヨシズキカップ、阿寺整備会、NIPPONopen、groovy cup、ゴンゾー定期戦。

そしてMLopen。

今までこういうイベントがあるから、それを目標に練習したりしてました。

ですが、これらは次第になくなったり内容をシフト、ブラッシュアップして数が減っていきました。

それと同時に「サポートライダーになったらイベントをやるもんだ!」と無意識のうちに思うようになっていました。また、このエリアのイベントは丸山ユキオ氏によるものが大半でその他は数える程だと記憶してます。

当時、自転車始めたてのkazoo少年は雑誌で見た丸山ユキオ氏が同じエリア出身のライダーで、このエリアへの恩返し的にイベントをやっていると言うのを知りました。

そしていつしか、自分もこの人のように地域に還元して、なおかつ下の世代に走る環境や、フィールドの楽しみ方を、イベントを通じて自転車って楽しいよ!ってのを広めて行きたいなって思うようになりました。

その背景には、小学校と中学校で僕がイジメを受けていた時に自転車に出会い、ボーイスカウトで自転車に乗る機会が増え世界が変わり始めました。友達も居ない、好きな事も特にない、重い話ですが普通に自殺とかもネットで調べてたぐらいでしたね。そんな僕の世界が変わり始めたように、誰かの人生も自転車に出会い変わるんじゃないか?救えるんじゃないか?と思っていたからです。
ちょっと話が脱線しましたね。
ちょうどその頃、MLopenが始まりました。

僕の人生の”tipping point”は幾つかありますが、確実にその中のトップをいくのが、このMLopenが開催されていた5年間でした。

自転車は好きで乗っていたものの、高校生になっても友達は少ないままでしたが、MLopenが始まり自転車乗りの”仲間”がどんどん増えていきました。

今ほど何もできないのに、MLでダイスケさんに撮ってもらった、自分がみんなと自転車に乗ってる写真が大好きでした。

もっとMLでカッコ付けたいし、みんなとももっと乗りたい!って頑張って乗ってました。そのために練習もしたし、自転車屋さんにモリモリ稼いだバイト代を溶かしましたw

いつしかそんなMLがある事が当たり前になってましたよね。いつまでもあるもんだと思ってましたよね。

僕もそうでした。

でも今年の春でMLは終わりました。クリフォードにシフトしたってスタッフの人達は言っていたけど、正直別モンだと思ってます。

クリフォードを否定するつもりじゃないのは分かって下さい。僕もお手伝いさせてもらってるくらい好きなイベントだし、これからも盛り上がって欲しいです。

でも、やっぱりMLopenみたいな雰囲気で、若い子達が楽しみにしてるような、毎回同窓会みたいになって、みんながみんな楽しそうなあの感じが大好きでした。

だから、春にMLが終わりになった時に、イベントをやろうって決心しました。僕が丸山ユキオ氏にしてもらったように(勝手に思っているだけではありますが)、今度は僕が今の若い世代のために動かないと駄目だなって、割と自意識過剰ですが思っていました。

幸運な事に、MLopenの開催されていた5年の間にTKCproductionsからのサポートが付き、今年の夏にはLibidoBikeCo.のサポートも付きました。そして、MLを通じてたくさんの仲間ができました。困った時に助けてくれる人がたくさん僕には出来ました。
MLがいつもなら始まるオフシーズン始め頃にやろうと少しづつですが動き出しました。

場所は音速で決めていました。三ヶ日トレイル。家から一番近いトレイル。このエリアでもかなりデカいジャンプがある。管理してるダイチさんにお願いしやすい。たくさん理由はありました。

でも一番の理由は、”MLopenが終わった場所”と言う事。

ML崇拝ではないですが、やはり目標とすべきイベントの1つですしね。そして、サポートライダーとして、イベンターとして、人間として目標とすべき丸山ユキオ氏が作ってくれた”流れ”を勝手ですが引き継ぎたいと言う気持ちがありました。
ダイチさんや、管理をしているタケさんに連絡し場所を抑え協力してくれるスタッフを集い、協賛頂けるようにいろんな方にお願いをして何とか準備は整いました。

前日夜、雨が降り始め次第に絶望し過ぎて吐きそうになってました。当時朝5時に窓開けて、雨を確認。悪い夢なんだと二度寝しましたw

30分後慌てて現場に向かい悪夢だと確認。daydreamじゃなくてnightmareかよ…と。

 

photo by dsk24

悪天候に僕のメンタルはズタボロになりつつも、開催するかどうかのスタッフミーティングをしました。その中で何度か中止にしようと言ったのは僕だけでした。他のスタッフは”何とかなる。何とかする”って言ってくれて、スタートを2時間遅らせる事に。

 

photo by dsk24

スタートを遅らせてもコンディションが回復傾向にならなかったらどうしよう…遠方からくる人達に何て説明しよう…と、不安で死にそうでした。本当に。その間にも続々とライダーが集まってきて、それがプレッシャーで本当に帰ろうかと思ったくらい。

 

photo by yukimi kubota

でもスタッフには職人レベルのdigerが何人もいて、臨機応変に対応できる人ばっかりでした。何とか整備しているウチに走れそうなコンディションになってきて、無事に2時間遅れのイベントスタートができました。

ここまできたらもう引き返せない。大丈夫!って何度も言い聞かせてました。

試走の試走で走ったとき、緊張と不安で震えてて2つ目のバームでコケましたw

そうこうしているウチにライダーも集まり、ライダーズミーティングに。ここまでくると、緊張や不安は吹っ飛んで少しづつですが状況を楽しめるようになってました。

そしてタイム計測が始まります。

いろんなライダーが来てくれました。ローカルのベテラン。いつもMLで会っていた人。ストリートライダーの若手。マウンテンで表彰台乗るような若手。シクロのライダーも。遠くからわざわざ来てくれた人も何人もいました。

バイクだけ見たら何のイベントか分からないくらいですよ。シクロ、bmx、26in’ノーブレフルリジット、ジャンプバイク、トレイルバイク、エンデューロバイク…最高に異種格闘技戦です(´౿`)

イベントやりたいって言い出した当初、同じくTKCproductionsよりサポート受けているkazyに相談していました。ストリートの人とダートの人が一緒に乗れるようなのやりたいと…ですがいつしかダート寄りなイベントイメージになっていましたね…

ですが、今回それが図らずも叶いました。ローカルのストリートの若手達が第一バーム手前のジャンプでバースピンやらノーハンド、そしてテイルウィップにトライし始めました。しかもタイム計測中にw

 

photo by fog

ストリート勢の彼らにより一瞬で会場の雰囲気は盛り上がり、そしてマウンテンのレースで速い若手達にも火がつきます。マウンテンのレーサーの彼らは速さで魅せる走りをしてきました。無駄のないスムースなこなし、バームでのシフティング、正確なライン取り…

photo by nakadh_i

 

これをみた大人達にも引火しました。

 

photo by nakadh_i

 

そんな中、スタッフのけっつぁんがシクロで登場。

 

photo by dsk24

なんと”空飛ぶシクロ”を目の前に見せつけてくるではありませんか!これを見たシクロライダーにも”メラッ”と熱いものが湧き上がっていました!

そうしてるウチに、オーディエンスから「こんだけみんなが魅せたならkazooはアレやるしかないよね?」と。追い込んでくれるじゃないですか…

オーディエンスの期待には応えたい。

 

photo by fog

で、やったりました。
着地はしくじり吹っ飛びましたwでも、あの時のオーディエンスの湧き上がりは今でも忘れません。
そしてタイム計測は終わり、トップタイム数名でのエキシビション。

今回最速は宇津コウタロウ。安定の爆速でした。

タイム差の一番少なかった人、最速男を表彰し、協賛で頂いたものをみんなで山分けジャンケン大会です。いろいろな方から沢山の物を頂いていたので、多くの参加者にお渡しする事ができました(´౿`)

 

photo by dsk24

そしてここで小休止。お昼休憩ですね。この間にスタッフでダートジャンプレーンをdig。この頃には太陽もようやく顔を出しコンディションは格段に良くなっていきました。

そしてダートジャンプのフォトセッションの始まり。仲のいい仲間でトレイン組んだり、初めての三ヶ日のデカいジャンプ攻略に励んだり、みんな思い思いのライドを楽しみました!フォトセッションという名目にしたことに少し不安がありましたが、全く問題なかったです。

なぜなら、そこで飛んでる全員が”撮られたくてしょうがないヤツら”だったから。

 

photo by yukimi kubota

楽しい時間は過ぎるのが早く、終了予定の4時に。15分オーバーしてみんなでトレインしました(´౿`)

最後に挨拶をして、ripple daydreamは無事終了となりました。

総勢40名オーバーの方が今回現場に訪れてくれました。朝の雨を知った上で。こんなにありがたい事ってないですよね。嬉しい限りです。

そして、スタッフを含め参加してくれたライダー達から続々と発せられる「次回」というキーワードに今回のイベントの成功を感じざるを得ませんでした。

今回、至らない所が多かったとは思いますが、何とかイベントを開催し成功させられた事でいろんな経験ができました。多少ではありますが自信もつきました。仲間の大切さ、支えてくれる皆さんの事を改めて実感しました。

途中に書きましたね。

オーディエンスの期待には応えたいと。

やりますか。第2回!場所や日時はまだ決められませんが多分春くらいでしょう。
こうして続けて行くことで、丸山ユキオ氏が作ってくれたこのエリアの、東海エリアの文化や流れ、繋がりを下の世代に引き継いでいく事ができたらいいなと思っています。

最後になりますが、今回スタッフとして協力してくれた、斎藤さん、タッチー、ひろこさん、けっつぁん、ユーキさん、ダイチさん。撮影をお願いして音速でオッケーしてくれたダイスケさん、なかぢさん、ユキミちゃん、ふぉぐ。動画やpopやってくれた、アツヤとユーダイ。そして協賛頂いた、LibidoBikeCo.、TKCproductions、ACCEL、two cycle、tubagra、OGWcycle、飛べない豚、Layout inc.。そして参加頂いた全ての方にお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

そして、これからも、次回もよろしくお願いします!

photo by dsk24

オフィシャルフォトグラファーの写真はこちらから。

dsk24

nakadh_i

fog

yukimi
さぁ、これからもフルスロットルで突き進みますぜ!

A Life Needs A Pair Of Pedals!!!!!!

広告

ripple について

自転車大好き野郎
カテゴリー: イベント パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中