ripple race kit‼︎‼︎

僕の野望が動き始めました。 

 
ripple race kitを作ろうと思います。

race kitという呼びか方があまり好きではありませんが、1番伝わり易いかなと思って使っております。

レースだけじゃなくて、仲間とのライドやイベント、練習にだって使えるデザインを考えました。

  
僕がよく着ているtkskのギャラクシージャージをデザインした”みずにゃん”氏にご協力いただきました。僕の無茶苦茶な注文をバチッと形にしてもらいました。

“僕の野望”と最初に言いましたが、そんな大それた事ではなく、マウンテンバイクで山を駆けずり回っている僕が、ロードやシクロでもカッコつけて乗りたい。イベントやレースでは”箱の上”で目立ちたい。という事です。

そもそも、僕はロードはダサいと思ってました。「飛べない自転車とか無理」だと。ピタピタのジャージも極めてイケて無いと思ってました。

「ロードバイクはマウンテンの練習になる」と言う言葉を、半ば都市伝説的に信じ去年の夏に初ボーナスを溶かして中古のcaad9をゲットしました。が、なかなか楽しさを見出せず土間で埃かぶってました。ホーリーライドなどの、”ここはキメたい!”ってイベントやレースの前にローラー台で使うくらいでした。

そんな中、何やらシクロクロスが楽しいらしい。という事で、手持ちのバイクをSSCX(シングルスピードシクロクロス)として作りました。 

 
東海シクロに2戦出ただけですが、完全にハマりました。シクロにハマると同時にロードへの抵抗も少なくなっていきました。

今年5月だったかな?乗鞍に登りました。いや、かなり軽い気持ちで登る事を選び、そしてそれを後悔しました。ですが、そんな後悔をぶっ飛ばす程に見た事ない景色や達成感、ロードの楽しさを一緒に登ってくれた仲間のおかげで感じる事ができたのです。 

  
そんな過程を過ぎていき、ロードもシクロももっと上手くなりたいし、もっとカッコつけて乗りたい!と思うようになっていきました。

市場にあるロードバイク用ジャージはレーシー過ぎたり、オシャレなやつはめちゃ高価だったりと、ハードル高かったです僕からすると。

だったら、自分がお気に入りのジャージ作った人に協力してもらって、オリジナル作ったろ!と、なりましたw

  
それが、最初に載せたこちらのripple race kitです。ボディにツイード風のパターンを一から作ってもらい、そこにゼブラ柄を合わせました。色の関係で茶色ぽく見えますが、真っ黒に近いゼブラ柄の予定です。rippleTくらいの黒×グレーぐらいにはなると思います。そこに合わせるのはrippleカラーのターコイズとピンクのライン。そしてお馴染みになってきた?rippleのzombieロゴと、ジャージ用に取っておいた、通称”内蔵ロゴ”を。ロゴはどちらも自転車仲間のユーダイこと、inkmonkyjapに描いてもらったものです。

製作には最低ロットがあり、10着集まらないと作る事ができません。なので、何かしらでワタクシkazooに欲しいよアピールをお願いします。

お気づきになるかもしれませんが、作成はチャピオンシステムで予定しています。ハイエンドなジャージ素体はいくらでもありますが、高価になってしまうと僕の考えには沿いませんので、コストと品質のバランスを考えました。実際、僕が持っているジャージはチャピオンシステムで作られたtkskのジャージですが、全く問題も不満もありませんね…あくまでジャージは消耗品であるという考えもありなるべく値段を抑えたいという考えもあります。
今シーズンのシクロがもーそろそろ動き始めますね…シクロシーズン内に間に合えば良いなと勝手に妄想しております。

また値段やサイジング等が確定しましたら、こちらのBlog、Instagram、Twitterアカウントの方でお知らせしたいと思います。よろしくお願いします(´౿`)

広告

ripple について

自転車大好き野郎
カテゴリー: ジャージ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中